So-net無料ブログ作成

涼宮ハルヒの交流 16

冬「そういえば皆さん、ゲームとかはやってるんですか?」
私はゲーセンの格ゲーとかはやるけど弱いっスからね・・・
田「泉先輩は色々やってますよね?」
泉「まぁね~。格ゲーからギャルゲまでやってるよ」
泉先輩のゲームへの情熱は凄まじいモノがあるっス
長「・・・私は、ネットゲームやブラウザゲームをよくプレイする」
長門さんもゲームするんっスね。真面目なイメージが強いので正直びっくりしたっス
パ「ワタシはコナタとよく格ゲーするくらいデス、ニポンのゲームはムズカしいデスネ」
泉「長門っちはどんなネトゲとかブラゲーやってんの?私も最近ちょっとはまっててさぁ」
冬「長門さんは真冬と同じゲームやってるんです。ENDLESS BATTLE WORLDって所なんですk」
泉「え、本当?私そこの第一EBSで『konakona』でやってるんだけど」
長「私はYUKI.N。椎名真冬は瑠璃色の堕天使という名で登録している」
冬「つまり・・・出発前に喋った三人、ってことですか?」
泉「予定外のオフ会だね。すごい偶然」

こんな事って、現実にはあるんスかね?


あとがきのようなもの


な・り・あ・が・り☆

今日はらき☆すたネットアイドル・マイスターのシングル「な・り・あ・が・り☆」が発売でした。
四時過ぎに帰宅してすぐ買いに行きましたよw
タワレコのポイントが欲しいが為に片道40分ぐらいかけて一級河川(?)を越えたトコのショッピングモールにチャリで行きまして。
・・・タワーレコードには「な・り・あ・が・り☆」の姿はありませんでした。が・・・

「涼宮ハルヒの消失オリジナルサウンドトラック(連動キャンペーン対象商品)」(1/27発売)

・・・

ふおおぉぉぉおおおぉぉぉぉおう!!!!
こいつぁ買いだあぁぁッ!!!!!



その後、家の近くの電器屋で「な・り・あ・が・り☆」見つけましたとさ。めでたしめでたし。発売日に買うのは常識だよね←



これからサントラききます~w

デッキレシピ。

涼宮 ハルヒ ×4
パジャマの柊姉妹 ×4
両手いっぱいの花束ハルヒ ×4
超編集長ハルヒ ×2
温泉のハルヒ ×1
おめかしハルヒ ×1
“いつも”のハルヒ ×1
ただの人間には興味ありません ×1
浴衣のハルヒ&みくる ×3(編集により変更。もともと2枚でした)
ボーカリスト ハルヒ ×3
Happy Valentineハルヒ ×1
Happy Valentine ×1
SOS団誕生! ×3
サムデイ イン ザ レイン ×4
色あせた世界(PSPの変換機能だと「あせた」が漢字にならなかったため平仮名表記) ×1
こなた&かがみ ×1
いつものハルヒ&みくる ×1
ネコミミ ハルヒ ×2
クラッカー ハルヒ ×4
勝利宣言ハルヒ ×4
トラブルガール ハルヒ ×4

構築済みデッキを無理矢理改造。青を抜いて赤を入れた、ただそれだけです。
枚数合わせの為、らき☆すたを5枚緊急投入しました。


続きを読む


涼宮ハルヒの交流 15

長「キャラクターのインパクトだけでは一冊が限界。続編の内容は特に注意しなければいけない」
なるほど、内容が薄かったらやはり続かないっスね、勉強になるっス。
今回からしばらくは私、“ぬこを被った乙女(おつおんな)”、田村ひよりがモノローグを担当するっス。作者が適当に割り振りをしたので、杉崎さんとキョンさんという貴重なモノローグ要員が同一行動になってしまったっス。まったく厄介な話っスね

泉「私はアニメ化されてから漫画版集めるかな」
パ「コナタにはnovelをヨまない理由はアルのですか?」
泉「文字ってさ、読んでるだけでなんか疲れるんだよね」
禿同・・・
冬「私は結構なんでも読みますね。杉崎先輩が書いた小説なんかは毎回書きあがった瞬間にフラゲして読みますし」
田「あぁ、生徒会シリーズっスね。残響死滅兄さんが最高っス」
冬「というか、SOS団が実在することに驚きました」
泉「あのアニメはネ申だったよね」
パ「ショウシツが楽しみネ!コナタ、いっしょに公開日にミにイきまショー!」
長「・・・消失の撮影は、難しかった」
まぁあの長門さんが普通の人間らしい喋り方をするとなると、消失しか考えられないっスからね。





あとがきのようなもの


涼宮ハルヒの交流 14

・・・という訳で、高良さんvs文科省さんの百人一首対決が始まった。
上の句を読むのが国交省、そして我ら高校生軍がSOS団チームと社研に分かれて戦うこととなった訳だが・・・


国「すm」
文&高「はいッ!」


これ、笑うとこ?
一句目でわかった。この二人には勝てない。
ちなみに、さっきのかるたは「すみの江の 岸による波 よるさへや 夢のかよひ路 人目よくらむ」だったらしい。
二人とも「ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ」のかるたに手を置いている。
わかる人には最初の「s」の発音のみでわかるというから驚きである。
最初は高良さんが一歩リードしたが、事件はここから起きた。



国「ほt」
文&高「はいッ!」

『ざく☆』



・・・ざく?
見ると、法務省さんの顔面に何かが。
「ただありあけの つきぞのこれる」と書かれたかるたが。

・・・見事に刺さっていた。
完全に、突き刺さっていた。



あとがきのようなもの


ヴァイスシュヴァルツやるよ!

小説は適当に進めていきます。文科省かなり気に入ってるので活躍させたいとは思いつつ。。


さて、昨日「ヴァイスシュヴァルツ(以下:WS)」っていうカードゲームを買ってみました。
友人と二人で競い合うつもり←

結構有名なゲームかもしれませんが、とりあえず簡単に言うと「ハルヒやらなのはやらリトバスやらアイマスやらBASARAやらが同じフィールドで戦うTCG」です。

IT、迷わずハルヒデッキ一個とハルヒのパック十袋(合計¥4600)を購入。
ルール知らずにいきなりパック大量購入とか(笑)


とりあえず構築済みデッキの内容を確認。
fmfm・・・「勝利宣言ハルヒ」の能力で「トラブルガール ハルヒ」を出せたら結構いい流れになりそう。
何回か戦って慣れてきたら、「勝利宣言」と「トラブルガール」を追加してハルヒオンリーのデッキを作ってみようかな。
パックから追加分は出たし。

・・・しかしパックで一枚だけ出た「“いつも”のハルヒ」のカードのイラストがやけに可愛いのは何故だろうか。
能力的にも使いやすそうだし、四枚集めたい。
レベル1の赤カードが少ない印象受けたし。


長門主体の宇宙人デッキも作ってみたいですね。

「涼宮ハルヒの交流」13

財「俺は・・・っと、ここの部員は全員、部活関連の時は常に日本の省庁の名前を名乗ることになってるんだ。俺は財務省。よろしくな。特技はルービックキューブDA☆」ガチャガチャ・・・

谷口みたいな奴だな。

防「私は防衛省といいます。以後、お見知りおきを。」

こいつは古泉みたいな喋り方だな

国「僕は国交省!いちばん好きなものはね~、う~んとね、アイスクリームとエスティマ・ハイブリッド!」

ぐッ・・・、ツ、ツッコみたい!

法「私は法務省。この同好会の部長さ。正義感あふれる法務省の名は私にこそ相応しい!・・・そこの金の亡者とは違ってね」
財「なんだと正義面、世の中カネなんだよ!」
法「うるさい、黙r・・・」
文「・・・。」
財&法『すみませんでしたっ』

文「・・・文部科学省。趣味は百人一首。  高良みゆきさん、あなたと勝負したい」


高「え、私・・・で、いいんですか?」


超展開すぎてワロタ、などと言われるかも知れんが、みゆきさんvs文科省さんの百人一首対決が始まろうとしていた。




財「完成!どんなもんよ」
キ「ずっとやってたのか!ていうか2×2×2かよ!!せめて3×3×3にしろよ!!!」


あとがきのようなもの


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。